【主婦におすすめ】簿記検定がアツい【その理由を解説】

簿記の資格が気になる。

この資格って主婦の私でも取れるのかな?

需要ってあるのかな?お給料はどれだけもらえるのかな?

 

こういった疑問に応えていきます。

 

✔︎本記事のテーマ

簿記検定が主婦におすすめの理由を解説

 

 

✔︎簿記が主婦におすすめな理由

  • 短期間で取得できる
  • 2級以上は需要が高い
  • 給与面が高待遇
  • 子育てしながらでも十分取れる
  • 簿記の仕事をしながら高収入資格の受験資格が得られる

 

 

✔︎読者さんに前置きメッセージ

本記事は『新たに資格を取得したいけど、どの資格を取ればいいのかわからない。おすすめの資格があるなら教えてほしい』という方に向けて書いています。

この記事を読むことで簿記検定の基本情報となぜおすすめなのかわかるようになっています。

 

現状を変えたいあなたの手助けに少しでもなれたらと思います。

 

それでは早速みていきましょう。

 

短期間で取得できる

短期間で取得できる

 

学習期間と必要な時間

簿記の資格は最短で1ヶ月で取ることができます。あまり学習時間が確保できない方でも3ヶ月間くらいみっちりと学習すれば十分に取ることが可能です。

独学で取得する人もいますし、オンラインの資格サービスを使えばそこまで取得難易度は高くない部類に入ると言えます。

 

大体の学習時間は3級が50時間、2級が100時間前後くらいと言われています。

1日どのくらい勉強すればいいかというと、毎日2時間程度勉強すれば1ヶ月で60時間を達成することができます。なので3級は割と早く獲得できます。

2級の場合も毎日2時間程度の勉強で90時間の学習時間を確保できるので3ヶ月程度で取ることができます。

 

 

平日に2時間の学習時間を作ることが難しい方は平日を1時間程度勉強して、土日などの休日に3時間ほど時間を作ると余裕を持って学習を進めることができます。

 

こんなに勉強できないと思う方もいるかもしれないですが、簿記検定は割と短期集中の方が取得しやすいです。覚悟を決めてサクッと取ってしまいましょう。

 

中にはもっと短時間で取得している人もいると思いますが、自分を過信することなくこれだけの学習時間は確保しておいた方が確実に合格することができます。

 

また、簿記1級以上はもっと多くの時間を要します。詳細な情報を後述しますので、ここでは紹介を割愛させていただきますね。

 

オンラインスクールの受講がおすすめ

独学でも十分取れると思います。

ただし、そのためには合格までどのように学習していくか。いつまでにどこまで学習しておく必要があるのかなどのスケジュールとカリキュラムを自分で管理しなくてはなりません。

 

元々、学習することが得意だったり慣れている人はいいのですが、そうでない人も多いかと思います。その場合はオンラインスクールを活用して確実に合格を目指すことをおすすめします。

 

オンラインサービスと言っても様々なものがあり自分に合ったものを見つける必要があります。まずはそれぞれのサービスを無料で体験してどれがいいかを判断する方が無難です。

>>【無料体験リンク】スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

 

需要が高い

需要が高い

 

需要が高い

簿記の需要がどれくらい高いのか。ざっくりいうと、簿記のできる人の数が足りなさすぎてどこでも重宝しているような状況です。

 

なぜ、簿記の需要が高いのかというと【経理事務や会計処理ができるようになるから】

簡単にいうと帳簿が付けられるようになるってことです。

 

近年IT化が普及し経理の仕事はどんどん機械に奪われつつあるという話が出ていますが、半分正解ですが半分は間違っていると言えます。

確かに会社の出費と利益などの帳簿作る作業は機械でできるようになっておりその分野の仕事は年々少なくなっています。ただ、簿記で出来ることはそれだけじゃないのです。

 

機械ではできない部分を紹介していきましょう。

 

お金の動きや流れがわかる

仕事でも日常生活でも使える技能の一つです。

例えば仕事上での営業先、つまりお得意さんの経営状況を把握することができるようになります。把握できるとその会社の将来性が見えてくるわけです。相手会社との付き合いを保つか否か。その判断を間違えてしまうと自分の会社の売り上げが落ち込み被害を被る可能性があります。

 

日常生活でも同じようにお金の流れがわかるようになると便利ですね。特に株式の状況がわかるようになります。昨今、色んな情報がありどの会社も自分を売り出していますよね。そういった多くの情報に惑わされることなく、その会社の経営状況をすぐにわかるようになるわけです。(投資するときはこの知識がないと売り買いのタイミングが分かりませんよね)

 

給与面が高待遇

簿記の仕事のお給料

 

簿記2級のお給料

簿記2級の平均年収は実務未経験者で250万円〜350万円程度となっています。1年以上の実務経験で300万円〜480万円程度です。

さらに3年以上の経験では500万円以上となるので実務経験の長さで年収に差が出ます。実務経験が多いほど捌ける仕事の量が変わりますので、出世などに大きく関わるようです。

 

これだけの給与が新しく始めて3ヶ月程度で獲得できるとしたらかなり高待遇だと思いませんか?さらに簿記検定には1級を取ってさらに給与アップを図れます。

また、簿記1級に合格すると税理士や公認会計士の受験資格が得られます。ここが僕が1番お勧めする理由です。詳細は後述します。

 

子育てしながらでも十分取れる

子育てしながらでも十分取れる

簿記検定の基本情報

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 筆記形式
合格率 1級:10%前後 2級:15〜30%前後 3級:40〜50%
難易度 2級以上は比較的難しい
受験料 1級:7,850円 2級:4,720円 3級:2,850円
独学の難易度 比較的難しいが可能

 

簿記検定は子育て中でも取れる

子育て中の方は中々まとまった時間を確保することが難しいですよね。

でも、安心してください。簿記検定はしっかりとしたプランを組み立てることでそこまで学習時間に拘束されることはありません。

 

子育て中でも毎日、1時間〜2時間程度は学習時間を取れますよね。それが難しければ平日1時間勉強して土日に3時間勉強時間を確保すれば3ヶ月で十分試験を合格することが可能です。

 

 

学習時間の確保に不安があるならばもう少し早い時期から始めて長い期間をかけて取ることだって1つの方法です。

 

最短、3ヶ月とは言いましたが丸々1年かけたって言い訳ですよ。1年の学習で大卒サラリーマンと同じお給料ならかなり高待遇だと思います。

 

試験は年に1回だけですのでそこに照準を合わせましょう。

 

簿記の仕事をしながら高収入資格の受験資格が得られる

簿記の仕事をしながら高収入資格の受験資格が得られる

簿記1級を取ると高収入資格の受験資格が得られる

日商簿記1級に合格することで税理士の受験資格を得ることができます。また、簿記の仕事を極めることで公認会計士という資格取得の道も見えてきます。

 

この2つの給料は平均で1,000万円近くの年収であり、高所得者の仲間入りを果たすことができます。

 

とはいえ、もちろんこの2つの受験は超難関です。

 

なぜ、僕がこの2つの受験を勧めるかというとどちらも簿記の仕事でかぶる部分があるから。つまり、簿記の仕事や1級資格の勉強をすることで税理士や公認会計士の勉強にもつながっているわけです。

 

いきなり、税理士や公認会計士になろうとする人よりも大きくアドバンテージがあるといえます。

 

このように段階的に資格取得を進めることができて、最終的には高収入資格まで手が届くからこそ簿記検定の資格取得はお勧めなのです。(もちろん、ハードな学習が必要だけど)

まとめ

簿記検定は年齢にか関係なく有している人が待遇されます。なので、いくつになっても取る価値のある資格だと言えます。

 

また、比較的簡単に取れる資格ですので子育て中の方も積極的に取ることをオススメします。

 

簿記検定を3級→2級→1級と進めると税理士や公認会計士という高収入資格への道も見えてくるので是非とも簿記を入り口にステップアップしてもらいたいです。

 

簿記3級や2級は独学でも十分に取得を狙えるものですが、学習効率に不安がある方や確実に資格をゲットしたい方はオンラインスクールを利用するのもありだと思います。

 

通学するのはまとまった時間がないと難しいですよね。そんな時は自宅でお手軽に利用できるオンラインサービスを使いましょう。

 

今はスマホ1つで学習が完結する時代です。気になる方はご覧ください。
>>【完全初心者向け】オンライン資格取得の始め方

 

少しでもあなたの現状が変わるようにこれからも情報発信していきますのでよろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です