資格取得において大切なことは『目標』と『継続』です【丁寧な解説】

資格を取得できるようになっているのだろうか。

あとどれくらい勉強すれば資格が取れるのだろう。

 

多大な時間を要する資格取得でこのような状態に陥ることもあるでしょう。今回は資格の学習を進めていくうちに挫折ややる気喪失をしそうな方向けに充実感や達成感を時間するための方法を考えてみました。

 

目標に近づくってどういうこと?

目標に近づくってどういうこと?

スポーツを経験した人はわかるかもしれない話をします。僕は野球をやっていたので野球を例に話しますが、どんなものでも基本一緒だと思うので聞いてください。

 

スポーツをやる上で1番最初にやることは何か?それは基礎練習です。基礎練習って何だ。基礎とは土台のことですね。つまり体そのものを指します。

そうなんです。スポーツはどの競技でも最初はランニングや筋トレなどで身体機能を高めることから始まります。でも、基礎練習をたくさんやっても競技が上手くなるかというとそうじゃないですよね。

 

『こんなこと意味あるのかよ』って思うこともあるでしょう。でも、絶対に大事なことなんです。何かをやる上で基礎というのは絶対に疎かにしてはいけません。

 

基礎練習が大体、済んだら今度は何をするか?キャッチボールや素振りですね。

 

キャッチボールや素振りって試合で実際に使いますか?いや、絶対に使うことはありません。でも何でやるのか?模擬的に試合に必要な動きを獲得するために行うんです。

 

そして、バッティング練習や守備練習を行なって徐々に実践的な課題をこなしていきます。最後は試合形式の練習を行うことがほとんどでしょう。

 

そこでいいプレーをすることができて初めて自分の上達を実感することができました。

 

 

わかりましたか?最初のうちの練習って本当に野球が上手くなっているのかわからないようなものばかりなんです。中々、実感できないから継続することが難しい。でも、基礎練習をやってきたことが必ず後に実を結びます。

 

 

多分、資格を取るための勉強や学習も同じだと思うんです。最初のうちは膨大すぎる課題があって中々、先を見通すことはできません。

 

特にテキストを進めていると『本当にあと数ヶ月で試験に合格できるんだろうか』という気持ちになることもしばしばです。多分ですけど、基礎的なことを学習しただけでは過去問を解くことも容易ではないので上達できているのか実感できないでしょう。

 

でも、必ずあなたの力になっていることは間違いありません。

 

『それでもモチベーションが保てないよ』

そんな時は日常生活で資格で得た知識がどれだけ活用できるか考えてみてください。資格とは元来、私たちの生活を豊かにするための専門知識なので必ず役に立つ場面があるはずです。

その中であなたはどれだけ知識を日常生活で活用できますか?おそらく、勉強期間が増えるほど活用している回数も増えているはずです。

 

✔︎それだけあなたが誰かの役に立っているってことです。みんなに教えてあげましょう。

ここが学習が進んでいると実感できるポイントです。

 

資格取得に大切なことは『目標』と『継続』

資格手時うに必要なことは目標と継続

ここで大切なことは『目標を持つ』ことと『続ける』ことです。

僕の場合は割と近いうちに実現可能な目標を立てます。例えば、過去問の正答率を50%にするとか。テキスト何ページをいつまでに読破するとか。今日学習したことを人に教えられるようになるとか何でもいいです。

 

小さな目標を淡々とこなしていくことがやがて大きな目標へ近づくコツだと思っています。例え、思ったよりも目標に近づくことができていなかったとしても確実にあなたはレベルアップしているはずです。

 

最も大切なことは学習し続けることです。毎日、ちょっとでも少しでもいいから継続することが本当に大事なことなのです。

 

それでも、やる気が落ち込んでしまった時はあなたの本当の目標を思い出してみましょう。

 

あなたの最終目標は何ですか?多分ですけど、資格を取ることじゃないと思うんです。資格をとって何をするか。ここが目標ですよね。

  • お金が欲しい
  • 誇れる仕事がしたい
  • 社会的地位が欲しい
  • ある野望のために

 

こういった部分が目標になると思います。これを実現するために目の前の課題をこなしていくんです。僕らは目標を思い立って計画を練っている時って楽しいですよね。落ち込んだらこの時の気持ちを思い出しましょう。

この楽しい未来を実現するために小さな課題をコツコツこなしていくわけです。

もう一度言います。大切なことは『目標を持つ』ことと『継続すること』です。

 

短期集中型の資格勉強

短期集中型の資格勉強

資格の勉強はしたいし、継続が大切なこともわかったけど、はっきりとした目標も持てずにダラダラと続けることに疲れてしまった。インプット学習は進んでいるけど定期テストの点数は依然として伸び悩んでいる。

そういう場合もあると思います。

 

中々、上達するきっかけを掴めない人には短期間でめちゃくちゃ一生懸命勉強してみるというのも一つのきっかけになると思います。

 

何となく学習がマンネリ化している時や刺激が少ない時に少しの刺激を与えてあげると前向きにリフレッシュして気持ちを新たに学習することができます。

また、ある程度基礎学習ができている人は短期集中で頑張る覚悟を決めることで基礎学習を次の段階まで押し上げることができるかもしれません。

 

短期学習にはいろいろな方法が考えられます。

  1. 独学
  2. パーソナルトレーナーと学ぶ短期集中スクール
  3. オンライン資格取得

 

短期集中学習なので、独学の場合、日頃より少し難しい課題をこなさないといけません。1ヶ月間、必ず3時間は資格勉強に励む。1冊の問題集を1ヶ月で3回繰り返すなど、自分で目標を立てて進めることもできますが多分、それができないので悩んでいる人が多いのが現実だと思います。

 

その人の意思次第ですが、僕は独学もおすすめします。誰の力も借りずに成し遂げることは自分に厳しくなります。また、やり終えた時の達成感は格別です。

 

でも、1人でやっていく自信がないという人も多いですよね。それは普通のことなので気にしないでください。そのような方はスクールへの通学やパーソナルトレーナーが付いてくれるスクールに通い半強制的に学習してみるのもいいかもしれません。費用が発生する分、決意とやる気が湧いてくると思います。

 

個人レッスンで学ぶ短期集中スクール

個人レッスンで学ぶ短期集中スクール

最近はオンラインスクールが人気を集めていますが、こちらもおすすめで教室に通い個人レッスンを受けることのできるスタイルです。短期間で一気に試験合格に近づくことを目的としたスクールです。

 

通学すること以外の時間帯もパーソナルトレーナーと学習の進捗状況を確認しあったり学習素材を送ってくれたりとサポートをしてくれます。1人ではないのでこの方法で成果を上げている人もいます。

 

サイタ

サイタ

全国に教室があり最寄りの場所を利用することができます。マンツーマンのレッスンでコーチが要望に合わせて指導してくれますよ。レッスンの頻度も自分で決められます。

>>資格取得講座 サイタ

 

オンライン資格取得

オンライン資格取得

オンラインスクールの紹介は別記事にて紹介していますのでこちらを参照ください。僕が実際にオンラインスクールを体験してみた感想を記事にしています。

>>オンラインで資格を取る

 

まとめ

まとめ

努力するって本当に大変です。中には努力することが得意な人もいるようですが、僕はサボる方が得意です。世の中の大体の人はそうだと思います。僕も人並みに努力する機会がありましたが、今では全くやる気が起きません。

 

そんな僕も人の体への興味を持って理学療法士の国家資格を取ることができました。皆さんも子供頃や大人になってから興味があることって出てくると思います。

 

1番のポイントは学習していて苦に感じるかどうかです。あなたが最初に思った目標がはっきりとしたものであれば大変ですけど続けられると思います。想像してみてください。あなたが目指す資格をとって今よりも優雅に過ごす未来の自分を。

 

その未来は確実に近づいています。だって資格はセンスとか関係ないもん。学習したら誰でも取れるようになっています。とった資格をどう扱うかはセンスが問われるかもしれませんが取ることにセンスなんて必要ありません。資格を持っている人は皆んな相応の努力をした人です。

 

頭の性能なんて関係ありません。あなたも十分取ることができます。

 

学習方法に正解や決まりなんてありません。自分にあった学習方法を見つけなければならないのです。その方法を継続し、上達を実感して少しずつ自信に変えていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です