【決断するために】転職すべきか迷いがある人向け【1つずつ添削してみよう】

今の職場に少し不満がある。
転職するべきか迷っている。
みんなはどうやって決断しているんだろう。

こういった疑問を可能な限り解決していくための記事となっています。

 

僕も転職経験がありますが、皆さんはどのように決断しているんでしょうか。おそらく、1つ1つ不安を解消して『よし!転職できる』という気持ちになっているのだと思います。

 

転職するべきか迷っている人はおそらく、不安材料が何なのかの把握と解決方法が不明確だから決断に至っていないのだと思います。ここでは転職時に不安要素となり得るものを紹介して解決策も教えていきたいと思います。

 

絶対に転職することが良策とは言えないですが、転職について考えている時点で現在の職場に不満や物足りなさを感じているのは確かだと思います。本記事を読んで『やっぱり転職は今ではないな。』『不安は無くなった転職しよう』といった決断材料になれば幸いです。

 

✔︎本記事のテーマ

転職への迷いをなくすために不安要素を明確にし、解決できるのかを判断する

 

✔︎読者の皆様へ前置きメッセージ

転職を考える時に不安に思うのはあなただけではありません。みんな同じように不安を抱えて可能な限り不安材料を解消して決断に至るのです。僕も人生で3回ほど転職を経験しました。特に1回目の転職は非常に勇気のいるものでした。

 

もう一度言います。不安なのはみんな一緒です。本記事で少しでも解決に向かえば良いと思い執筆させていただきます。

 

転職時に不安に思うこと。不安の正体を知り解決できれば迷いが消える

 

慣れていることから新しいことに挑戦する不安

慣れていることから新しいことに挑戦する不安

新しいことに挑戦する時に付き纏う不安を感じるのはあなただけではありません。やはり、やり慣れたことは楽に感じるし中々手放しくないものですよね。

 

これに関しての解決方法はとにかく行動してみることです。例えば、あなたが次に目指している職場の業務内容に触れてみましょう。経理でも土木施工でもなんでも調べれば仕事がどんなものかわかります。

 

今ではYouTubeで調べれば仕事している場面も大体見ることができます。仕事場面が見れなくても仕事の実態みたいなものは見ることができますので是非調べてみましょう。

 

あとは実際に仕事をかじってみるのも良いと思います。当然、やり慣れてないことなので難しく感じると思いますが実際にやってみることで自分の理想と現実のギャップが改善されると思います。

 

第一、慣れていること。つまり、あなたの現状を変えないことには今の状況を打破することはできません。怖いのはあなただけじゃない。それでも、現状を変えるために皆んな一歩を踏み出すのです。それは小さな一歩でもいい。とにかく少しでもいいから行動してみましょう。

自分にできるかどうか自信が持てない

自分にできるかどうか自信が持てない

初めてやることって本当に自信が持てないものですよね。これもあなただけではありませんので、そんなに心配しなくても大丈夫です。

 

自信とはどこから生まれてくるのか。それは小さな成功体験を積んで、似たような業務に対し心理的に余裕ができてきた時に自信となると言われています。つまり、やってみないと自信は身につかないということです。なので、自信がないからやらないという選択肢はないのかなと思います。だって初めてのことに自信がある人はいないから。

 

スポーツやゲームなどの趣味も一緒ですよね。たくさん、練習したりやり込んで上手くなっていき初めて自信となる。未経験のものに自信がある人はいないと思います。たまに、やったことないけど自信あるとかいう人がいますが、それは己を鼓舞しているに過ぎません。内心できるかどうかわからないけど、自分ならできるという暗示をかけて能力向上を図っているのです。

 

本当の自信は積み重ねてきた人にしか訪れません。だから、ここで言いたいのは自信なんていつまで経ってもつかないからとっとと行動してしまいましょうということ。

 

人間関係の再構築

人間関係の再構築

新たな職場で人間関係をうまく築けるかどうかが不安。これも誰しもが思うことですね。今まで築き上げてきた関係性を0にしようと言うのだから少々気怠さも感じるところでしょう。『また、一から築いて徐々に仲良くなってみたいな生活を送るのか』そういった気分になるのもわかります。

 

ただ、思うのはあなたは転職を考えている。つまり、今の職場では何かに違和感を感じているはずです。それは同じ志じゃないからではないですか?

 

自分がしたいことを自分がしたいようにできる職場に転職することができたら、その場に集まってくる人たちも自分と同じ志を持っていると思います。例えば、教師になりたいという人が学校で働くことになったら全く同じではないにしろ似たような志を持っているはずです。子供を教育したいとかなんとか。

 

そこまで心配することではありません。あなたがやりたいことができる職場に行けば、同じような考えの人はたくさんいることでしょう。しかし、もちろん全ての人と馬が会うなんてことはあり得ません。世の中どの職場に行っても2割くらいの人とは気が合いません。

 

でも、気が合わない人が数人いることはさほど重要なことではないはずです。別にその人と関わらなくても仕事はできますし、楽しくやっていけます。

 

あなたの今の職場ではどうですか?みんなと気が合いますか?そんな人は多分いないはず。なら、どこに行っても気が合う人がいて、そこまで人間関係に悩むことはないと思います。それよりも、何かに不満を抱えながらやっている今の仕事の方が人間関係悪化しそうです。

 

人間関係なんてどこに行っても気が合う合わないはあります。しかし、自分のやりたいことをやっていれば同じ志を持った仲間と出会うことができるはずです。

 

就活が上手くいくかどうか

就活が上手くいくかどうか

長年同じ場所で働いてきた人は特に就職活動を久しぶりに行うことになると思います。面接や筆記試験、実績の公開など就職活動には自分をアピールする能力も求められると言ってもいいでしょう。

 

確かに就職活動は大変なもので、たとえすごい能力を本当は持っていたとしても、その能力を十分にアピールすることができなければ不採用となってしまうこともあります。技術は申し分ないけど人とのコミュニケーションが苦手だったり口下手な人もいるでしょう。

 

そうなると転職したいと思っていても中々踏み出せなかったりしますよね。

 

そんな時に役立つのが自分のスキルの証明書を持っておくこと。つまり、資格を取ることですね。資格は持っている時点でスキルを証明してくれるものなので面接者に多くアピールせずとも良くなります。

 

あなたが何の仕事に就きたいのかで変わってくるとは思いますが、もしまだ【就きたい仕事は決まっていないけれど、現状に不満や不安があり転職したい】と思っている方は僕がおすすめする資格を見てみてください。給料や取りやすさを重視しているのでお気に召す仕事が見つかるかもしれません。
【最新版2020おすすめ】需要が高く誰でも取れる資格5選【無料あり】

 

 

僕の場合だと医療職からエンジニア関係の仕事に転職したので、とにかくブログを書きまくったり、クラウドソーシングで簡単な仕事を請負ったり、自分で簡単なサービスを作ったりして実績を積み重ねました。

資格を取ることは自分の能力をアピールするための1つの手段です。他にも個人で副業としてあなたしたいことの分野を仕事として小さな実績を積むのもありです。

 

今の時代は個人でも仕事を請け負うことができます。ココナラやクラウドワークス、ランサーズといったサービスを利用して実績を積むことで『自分はこんなことができます。こんなことをやってました』と面接時に公開することができます。

 

口頭での自己PRだけで面接に臨むのは今の時代無謀ですよ。採用者もお金をかけて人を雇うので、口だけの人を雇うはずがありません。もしも、面接が言葉だけでのPRだと考えていた人は改め直しましょう。

 

自分の年齢に対する不安

年齢に対する不安

もしかしたらこの記事を見ている人で、年齢に不安のある人もいるかもしれません。確かに思いガチですよね『今の年齢で転職なんかして将来は大丈夫か』。

 

でも、これに関してははっきりと言えます。いくつから挑戦しても全く問題ありません。その理由は高齢者(65歳以上)になっても起業したり転職して成功している人は世の中にたくさんいるから。

 

キャリアが大事だと言われていた時代はとうに過ぎました。今は実力のあるとがのし上がり、無能な人は淘汰される時代です。終身雇用も撤廃され、一生安泰なんてものは存在しません。いつ首を切られるかわからないのです。

 

むしろ、現状に不満や不安を抱えた今だからこそ動き出すべきです。無責任なようですが事実です。高齢者でも成功できると言いましたが、やっぱり若いうちに挑戦する方がいいです。その理由は行動する力が落ちていくから。若い方が働く力、考える力が高いのは明らかです。

 

今までは特に不満を感じていなかった。だから行動していなかったわけですよね。不満がないならそれでいいです。でも、今は不安を感じているんですよね。

 

だったら、できるだけ早く行動した方がいい。理由は現状を変えたいと思った今が1番若い年齢だからです。

 

もう一つ、若いうちに行動した方がいい理由は高齢になったら遊ぶのが大変だから。あなたは現状の給料や福利厚生、やりがいなどに不満を持っているわけですよね。仮に高齢になって成功したとしてもあなたのやりたいことが全てできるかというと体力的に厳しいものがあります。

 

もしかしたら、休日は遊びではなく通院しなくてはいけないかもしれません。やりたいことがあるから、転職を考えているはずなので高齢者になると遊ぶのも大変です。それもあって早く行動した方がいいです。

 

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか?この記事を読んで転職する決心がつきましたか?あるいは踏みとどまる決心はつきましたか?どちらにせよ迷いがあるなら解消する努力をした方がいい。迷っている時間は非常にもったいないです。

 

転職するタイミングは今でなくてもいいとは思います。でも、転職しない理由が無くなったのであれば即行動しましょう。理由は先ほども話したように時間は有限だし、いくつになっても挑戦する意思があれば問題ない。むしろ、早く行動しないとやりたいことができなくなる恐れもあるからです。

 

僕も転職を3度ほど経験していますが、終わってみれば転職って大したことないなといつも思いますよ。毎回、ドキドキしますけどね。

 

まずは本当に転職するべきなのかを明確にして、転職することを決めたならあなたがやりたい仕事をするために何が必要かを考えよう。今はいい時代です。実績作りも1人で十分可能ですよ。ブログを書いたり、YouTubeで動画を撮ったりも十分な実績となり得ます。自分のコンテンツを作っておくと先々自分をアピールするのに役立つのでおすすめです。

 

それでは、今回はここまでで終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です