早朝通信講座で資格の勉強!オンライン通信講座の有効活用

せっかくオンライン通信講座を受講しているから有効活用したいけど。

どんなふうに活用していこうかな。

こういった疑問にできるだけ応えていきます。

✔︎今回のテーマ

オンライン通信講座を有効的に活用する方法

 

皆さんの間でも聴き慣れた言葉だと思いますが『朝活』をご存知ですか?ここ最近は朝活が働く世代を中心に話題になっていますよね。朝活とは、早起きして、始業前の時間を勉強や趣味などのために活用することです。

 

早起きと聞いただけで『絶対無理』と思う人も多いと思いますが、何かしらの事情があって早起きした日は【1日がすごく長く感じる。いろいろ済んでしまった。】などと経験したことがあると思います。

 

僕たちの身体は健康的な生活を送る上で朝日を浴びて、朝食を取り、心にゆとりを持たせることが自律神経を安定させる上でも大切なことです。当然、皆さんもわかっていると思いますが中々、行動に移せず毎日が過ぎてしまいガチですよね。

 

一度、生活リズムを見直し、夜の1時間を翌朝に回すだけでも身体の状態はずいぶん変わってきます。

 

朝活の効果は以下の通り

  • 趣味や勉強のための時間が取れる
  • 朝やると集中できる
  • 生活リズムが整い、気分向上
  • 遅刻をしない
  • 夜熟睡できる

基本的に人間の身体は夜メンテナンスを行なっています。もちろん、脳も同じです。その日得た情報を睡眠中に整理して、翌朝には新たな情報を受け入れる準備を始めるのです。

有名な脳科学者である茂木健一郎先生もフレッシュな状態の朝の脳は【脳のゴールデンタイム】と言っているほどです。

 

夜少しだけ早く寝て、朝1時間早く起きれば、通信講座の時間以外にも、ゆったりとした朝食時間や通勤も余裕を持って行うことができます。オンライン通信講座はスマホでも受講できます。晴れた気持ちの良い朝には、静かな公園でリラックスしながら通信講座を受講するなど、朝の時間の使い方は工夫次第です。

 

朝活の仕方

朝活に仕方

朝活が良いというのはわかった。でも、どうしても朝起きるのが苦手だという人も多いでしょう。正直、僕もあまり得意な方ではありません。少しだけ、朝活を習慣化するヒントを教えます。参考になった部分だけ取り入れてください。

 

タイムスケジュールのモデル

通常7時半に出かけるために朝7時に起きて、大急ぎで準備している人なら、帰宅後の時間を工夫して、1時間早く眠るように心がけてみましょう。そして、朝6時に起きる習慣を身につけよう。

 

6:00 起床して、すぐにオンライン通信講座を開く。まずは朝の身支度を整えよう。
6:45 朝食を取りながら講義を流し見してインプットする。
7:00 コーヒーを飲みながら同じ内容のオンライン通信講座を見る。
7:30 出発

オンライン通信講座の場合は通常、1つの講義で10分程度で終わります。そこまで長くない講義がほとんどだと思うのでこれだけ余裕を持って朝活すれば1つの動画の理解度はかなり高まります。

ちなみに無料で動画視聴体験ができるものがありますので参考までに見てください。
>>【無料体験リンク】スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

 

夜のスケジュールを明確にする

夜の時間は結構だらだらと過ごしがちですよね。そんな時は何時までに何をするのかを明確にしてみましょう。

僕の場合だと

  • 17時に仕事が終わる
  • 18時には夕食をとる
  • 19時までに入浴を済ませる
  • 21時までにブログやその日の学習を済ませる
  • 22時までに子供と遊び寝かしつける
  • 23時までゲームをして就寝

 

大体、平日の流れはこんな感じです。ゲームの部分は読書に変わったりなど自由時間ですね。もちろん、全てこの通りにいくことはないですが、明確にしておくことでダラダラと過ごす時間は限りなく削減されています。

あなたも夜やることは多く忙しいと思います。そんな時こそスケジュールを明確にすることで余分な時間を減らせますよ。

23時までに就寝して朝6時に起床すれば7時間の睡眠が確保できます。レム睡眠・ノンレム睡眠の原理から言っても良い睡眠時間だと思います。

 

目覚ましは1回だけ

目覚ましは1回で十分です。朝起きるのが不安だという人は目覚ましを何回もセットしたりしますよね。あれはあまり良いことではありません。かえって逆効果になる恐れがあります。

 

人は目覚めるときにある程度の興奮が必要です。目覚ましを何回もセットすることによって安心感が生まれてしまいます。『今、起きなくてもまた、目覚ましがなってくれる』こんな思考に無意識のうちに陥りやすいのです。

 

朝が苦手な人ほど1回の目覚ましで起きましょう。『1回で起きなければ寝坊する』そう言った危機感を身体に覚えさせましょう。目覚ましを複数回かける人に限って、結局最後の目覚ましまで2度寝、3度寝を繰り返すのがオチです。

 

一発で起きないといけない。そういう気概と危機感があれば朝起きて活動することは容易です。

 

時間に余裕がありすぎると怠惰になる

時間に余裕があり過ぎると怠惰になる

おそらく経験ある人も多いと思いますが、夏休みの宿題ってありますよね。あれって毎日、コツコツやれば夏休みの前半だけで十分クリアできるくらいの量だと思います。

でも、時間に余裕があり過ぎると『明日でいいや。まだまだ時間はある』こういった思考になり、結局夏休み終盤までかかってしまう。

 

会社での納期も似たようなものですね。人間はどうしても時間や期間に自分の力を合わせてしまいやすいのです。

 

僕もよく休みの日は時間がたくさんあるはずなのに平日と作業量があまり変わらないなんてこと多々あります。人は怠惰になりやすいものなんですね。

 

 

そんな時は時間に制約をつけた方がいいです。『この短時間でこれだけの作業を終わらせる』これだけで集中力が上がり、作業効率がアップします。

そういった意味でも朝活は非常に有効です。少ない限られた時間の中で何ができるか。人間は期限が近かったり、余裕がなくなると途端に集中力が増します。

このことからも朝活は作業が円滑になると思います。ぜひ、一度試してみてください。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか?朝活でオンライン通信講座という発想も良いものではないでしょうか。夜中に受講するのもいいけれど、早朝受講の方が、あらゆる面でプラスに働いてくれるかもしれません。時間を選ばずに受講できるのもオンライン通信講座の大きなメリットの一つです。

 

休日に朝からぼーっとしてしまうと、1日ダラダラと過ごしてしまう。寝覚が良く、朝から活動的に動けた日には1日通して快適に過ごせる。そういう経験は確かにあると思います。

 

朝の数十分の通信講座での学習が1日を活性化してくれます。朝の脳の状態がその日1日の行動や気分に影響するというのですから、通信講座に限らず、人生そのもののあり方を変えてくれるの【朝活】なのかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です