【30代主婦におすすめ】医療事務検定が気になる方へ【理由を解説します】

医療事務検定の資格が気になる。

この資格って主婦の私でも取れるのかな?

需要ってあるのかな?

 

こういった疑問に応えていきます。

 

✔︎本記事のテーマ

医療事務検定が主婦におすすめの理由を解説

 

 

✔︎医療事務が主婦におすすめな理由

  • 短期間で取得できる
  • 誰でも目指せる
  • 需要が多く就職しやすい
  • 子育てしながらでも十分取れる

 

 

✔︎読者さんに前置きメッセージ

本記事は『新たに資格を取得したいけど、どの資格を取ればいいのかわからない。おすすめの資格があるなら教えてほしい』という方に向けて書いています。

この記事を読むことで医療事務検定の基本情報となぜ、おすすめなのかわかるようになっています。

 

現状を変えたいあなたの手助けに少しでもなれたらと思います。

 

それでは早速みていきましょう。

医療事務検定って何するの?

医療事務検定は医療事務に関する知識や能力を有しているという証明になる民間資格です。医療事務に関する資格は多くあるのですが、その中でも初歩中の初歩であります。

そのため、取得難易度も高くなく取りやすい資格として有名です。なぜ、おすすめなのかは後述します。

 

医療事務とは病院や診療所で受付あるいは会計を担当していることが多いです。職場によっては電話対応やカルテ管理の仕事を任されることもあります。

 

医療事務の中で最も重要な業務は診療報酬請求書に関する業務です。いわゆる、病院や診療所で行った医療行為の金額を国に請求する書類を作成するということです。

 

日本では医療保険を適用することで3割負担になりますよね。病院や診療所は残りの7割は国に請求しなくては利益が生まれません。しかし、診療報酬制度は複雑で医療従事者でさえも自分の行った行為の金額が何円相当になるかを把握していないことがほとんどです。

 

そして、その金額の請求をするための書類を医療事務の方が作成していきます。

 

短期間で取得できる

短期間で取得できる

 

学習期間と必要な時間

医療事務検定の資格は最短で2ヶ月で取ることができます。あまり学習時間が確保できない方でも3ヶ月間くらいみっちりと学習すれば十分に取ることが可能です。

独学で取得する人もいますし、オンラインの資格サービスを使えばそこまで取得難易度は高くない部類に入ると言えます。

 

大体の学習時間はおよそ、200時間前後くらいと言われています。

1日どのくらい勉強すればいいかというと、毎日3時間程度勉強すれば2ヶ月で200時間を達成することができます。仮に1日3時間の勉強時間の確保が難しいという方の場合は、1日2時間の勉強で3ヶ月で取れる計算です。

 

ちょっとだけ長い時間でゆったり取りたい人は、1日1時間の勉強で半年程度で取ることも可能です。あなたのライフプランに合わせて学習しましょう。

 

他にも平日に2時間の学習時間を作ることが難しい方は平日を1時間程度勉強して、土日などの休日に3時間ほど時間を作ると余裕を持って学習を進めることができます。

 

こんなに勉強できないと思う方もいるかもしれないですが、全くもって大丈夫だと断言します。このサイトを見に来ている人は向上心のある人です。必ず取得することができます。覚悟を決めてサクッと取ってしまいましょう。

 

中にはもっと短時間で取得している人もいると思いますが、自分を過信することなくこれだけの学習時間は確保しておいた方が確実に合格することができます。

 

オンラインスクールの受講がおすすめ

独学でも十分取れると思います。

ただし、そのためには合格までどのように学習していくか。いつまでにどこまで学習しておく必要があるのかなどのスケジュールとカリキュラムを自分で管理しなくてはなりません。

 

元々、学習することが得意だったり慣れている人はいいのですが、そうでない人も多いかと思います。その場合はオンラインスクールを活用して確実に合格を目指すことをおすすめします。

 

オンラインサービスと言っても様々なものがあり自分に合ったものを見つける必要があります。まずはそれぞれのサービスを無料で体験してどれがいいかを判断する方が無難です。

>>【無料体験リンク】スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

 

誰でも目指せる

誰でも目指せる

 

受験資格がない

医療事務検定は受験資格がないので基本的にどなたでも目指すことができます。公式ホームページではこういった受験資格が提示されていますが、誰でも受験することができるのでご安心を。

    • 日本医療事務協会が認定する医療事務講座を修了した者
    • 受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等
    • 受験申請のあった一般受験申込み者

 

取得難易度がさほど高くない

医療事務関係の資格の中では最も簡単な資格です。毎回、5000人近くの受験者がいますが合格率はなんと90%にもなります。

 

もちろん、しっかりと勉強していなければ合格することはできませんが、きちんと学習することで誰でも合格を目指せます。

 

ちなみに試験は教材や資料などの持ち込みが可能となっていますので、記憶力に自信がないという人でも、適切に資料を探し出すことができれば記憶力は関係ありません。

 

医療関係の仕事をしていなくても問題ない

医療事務検定の試験問題の内容は医療事務に関する基本的な内容ばかりです。そのため、医療事務に関しての知識は0の人でもしっかりとしたプランで学習すれば問題なく合格することができます。

 

重要なのは合格する意思と学習の継続ですね。このサイトを見ている人は問題ないと思います。(それなりに覚悟が決まっている人だと思うから)

 

需要が多く就職しやすい

需要が多く就職しやすい

需要の多い

病院や診療所は現在も数が不足しているのが現状です。今後、ますます高齢化が進むので医療施設が増えていくでしょう。そうなると、自ずと医療事務の需要も高まってきます。

 

医療従事者のほとんどは診療報酬など事務や会計関係の仕事を把握していないので、医療事務の仕事は確実に必要とされます。

 

就職に困らない

医療従事者の働く場所のほとんどは、医療機関です。医療機関は全国各地に途方もないほど存在します。あなたの地域にもたくさんあることでしょう。

仮にあなたの地域で求人がなかったとしても隣町にはある可能性が非常に高いでしょう。働き口がなくなる可能性は限りなく低いです。

 

先ほども言いましたが、高齢化はどんどん増すばかりなので医療機関が減ることは当分ありません。そうなると、医療事務の仕事も安定的であると言えます。

 

子育てしながらでも十分取れる

子育てしながらでも十分取れる

医療事務検定の基本情報

基本情報 詳細
受験資格 なし
試験形式 学科と実技試験。
学科は選択20問と記述5問。
実技試験は計算問題は2問。
合格率 90%前後
難易度 優しい
受験料 7560円
独学の難易度 十分可能

医療事務検定は子育て中でも取れる

子育て中の方は中々まとまった時間を確保することが難しいですよね。

でも、安心してください。医療事務検定はしっかりとしたプランを組み立てることでそこまで学習時間に拘束されることはありません。

 

子育て中でも毎日、1時間〜2時間程度は学習時間を取れますよね。それが難しければ平日1時間勉強して土日に3時間勉強時間を確保すれば3ヶ月で十分試験を合格することが可能です。

 

 

学習時間の確保に不安があるならばもう少し早い時期から始めて長い期間をかけて取ることだって1つの方法です。

 

最短、3ヶ月とは言いましたが丸々1年かけたっていいんですよ。1年かけてあなただけの資格を手に入れましょう。

 

まとめ

医療事務検定は年齢に関係なく有している人が待遇されます。なので、いくつになっても取る価値のある資格だと言えます。

 

また、比較的簡単に取れる資格ですので子育て中の方も積極的に取ることをオススメします。

 

医療事務検定は独学でも十分に取得を狙えるものですが、学習効率に不安がある方や確実に資格をゲットしたい方はオンラインスクールを利用するのもありだと思います。

 

通学するのはまとまった時間がないと難しいですよね。そんな時は自宅でお手軽に利用できるオンラインサービスを使いましょう。

 

今はスマホ1つで学習が完結する時代です。気になる方はご覧ください。
>>【完全初心者向け】オンライン資格取得の始め方

 

少しでもあなたの現状が変わるようにこれからも情報発信していきますのでよろしくお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です